固定価格買取制度の2016年度の価格案が決まりました。
焦点の太陽光発電では非住宅用が前年度から3円安い24円に、

住宅用も2円下がって31~33円になります。
非住宅用は発電システムの費用を従来よりも
厳しい基準で想定した。

風力発電などは買取価格を据え置くようですが、
2017年度には価格決定方式が変わるようです。
政府の「調達価格等算定委員会」が
2016年度の買取(調達)価格の最終案を
2月22日にとりまとめたようですが

従来と同様にコスト削減が進む
太陽光発電の買取価格だけを
引き下げる内容です。

この最終案を経済産業大臣が採用して
正式に決定するとのことです。
日本の再生可能エネルギーの導入量に大きな影響を与える
非住宅用の太陽光発電は27円から24円に下がります。

これで家庭用の電気料金の平均単価と同じ水準になり、
今後は火力発電の平均コスト(約11円)に
近づいていくことが予想されます。
太陽光発電ではシステム価格の低下が続いているため、
次年度の想定値をどのように設定するかで
買取価格が変わってくるようです。

委員会の案では2016年度のシステム費用を出力1kW(キロワット)
あたり25.1万円で想定していました。

前年度から4万円近くも低く設定しているのです。

メーカー、販売会社のコストダウンが追いつくか疑問です。

これから電力自由化が始まります。

住宅への設置は採算、設備費回収という考え方は成り立たなくなり

価値ある電気エネルギーを節電する基本的な
メリットをシステム購入する。という

考えに変化していくような気がします。

広告

株式会社ニチワ について

太陽光発電・蓄電池の専門販売店 ソーラーパネルシステム,設計,施工,売電価格,補助金,償却資産,節税対策などご相談ください。 千葉県流山市三輪野山1-966-1 04-7158-8127 web: http://nichiwa.sub.jp/

コメントは受け付けていません。